7504855.jpg
皆さんは、国家資格を取得して将来やりたいことがありますか?

ただ単に趣味のための取得する人を除けば、何らかの野望があるから人は資格取得に走ります。

誰でも取得できる公的資格を除けば、「いざという場合に資格で食べていける」武器を手にすることが出来るのが資格のよいところ。

資格で副業を始める人の特徴を見ても明らかですが、強みをもっているからこそ、企業内でも強気で立ちまわれます。

ただ、その自信は緊急事態に備えての方が無難。

社員という、ある意味保障された立場で立ちまわるのなら、何かあっても復活は可能ですが、独立開業してしまうと、一歩先は闇ってことも珍しくありません。

中には資格取得を機に独立開業して、華々しく活躍している人もいるでしょうが、ほんの一握りです。

始めたころこそ、希望に満ち溢れ会社員の頃より生き生きと働いている人を大勢見てきましたが、やはり自分の城を持つのは気持ちがいいものですよね?

自分で戦略を立て事業を拡大していく…

会社員が長かった人ほど、この自由な生き方に希望を見出しますが、ポジティブな状態でいられるのは本当に儲かっているときだけですね。

私も一度地獄を見ましたから…

いや、別に私がダメだったから独立開業は辞めた方がいいって話じゃありません。

ドキドキしながら事業計画を練って、将来を思い描くことは、人として生きる中で一度は体験してみるべきと考えています。

ただ、そのドキドキと同じぐらい「仕事が舞い込まなければ」「集客できなければ」「費用ばかりがかさんで辛い」

ある意味会社員は、何があっても保障されているので、まぁ多少売上が伸び悩んでもクビになることはりませんし、赤字になったとしても給料は出ます。

ある程度はですが…。

一方の自営業者となれば、売上がなければ即貯金がつきますし、そもそも集客できなければ莫大な広告費が出ていき、まぁ大手と戦ってものの1か月もしないうちに尽きてしまいます。

そうならないためにも、資格を取得して生き残っていく戦略を立てておくべきでしょうね。
スポンサーサイト



カテゴリ
タグ